普通の布に抜きキャンバスを使ってクロスステッチする方法

https://zerocro.net/wp-content/uploads/2020/01/9a7b552682b02da097b2cba961d18bef-e1581398627676.jpg
らびさん

スモッグとか巾着とか既製品にクロスステッチするにはどうしたら良いの?出来ないよね???

https://zerocro.net/wp-content/uploads/2019/12/hedgehog.jpg
nekoriri

出来るよ~!抜きキャンバスを使えば。使い方も説明するね。

クロスステッチは専用布にしか刺しゅうできないと思っていませんか?実はあるものを使えば簡単に普通の布にでもクロスステッチ出来るのです。ここでは抜きキャンバスを使ったクロスステッチのやり方をご紹介しますね。

抜きキャンバスとは

クロスステッチは専用布と呼ばれる、平織りの布に刺すのですが、抜きキャンバスというメッシュ状の素材を使えば専用布以外にも目を数えながらクロスステッチをすることができてとても便利です。

また、カウント数も色々あるので図案や刺したいサイズに合わせて選べます。

抜きキャンバスの使い方

 
では抜きキャンバスの使い方を画像を見ながら説明しますね。ここでは目の細かいリネンに刺したいと思います。使用する針ですが、先の尖ったフランス刺しゅう針、もしくは細いクロスステッチ針を使用します
 
 
 
 
刺したい図案よりも大きめに抜きキャンバスを切り取り
動かないようにしつけします。

通常通りクロスステッチをします。

 
刺しゅうが終わった所です。
 
 
余分な抜きキャンバスを切り取ります。
 
 
縦横の糸をピンセット(私はアクセサリー用のペンチ使ってます)
などを使って抜き取ります。
 
抜きにくい場合は霧吹きで少し湿らせるとやりやすいです。
 
 

全て抜き取りました。きれいなクロスステッチが出来ています。キャンバスが入っていた分ふっくらとした仕上がりになっていますね。

 

貼ったり溶けたりするタイプも

他にもいろいろな抜きキャンバスがあるのでご紹介

どちらも使用したことがあるので使い心地も

チャコペーパーが開発した画期的な?キャンバス

シール状になっていて布に直接貼ることができます。しつけが面倒な場合には便利かも。刺し終わったらお湯で溶かします。

ただし刺す穴が開いていないため、フランス刺しゅう針のみの使用になり、シールを突き破るときに少し力がいるような気がします。

こちらはDMCのソルブルキャンバス。穴が開いたシート状になっているので、抜きキャンバス同様しつけして刺しゅうします。穴が開いているのでクロスステッチを刺すのは簡単にできます。

刺しゅうし終えた後はしつけを取ってからお湯につけると溶けます。

抜きキャンバスを抜くのが苦手だという場合に使えそうですね。

 

注意
ただどちらも気になったのが洗い終えた後乾燥した時に糊がついて糸が固まったようになるのが気になります。後、洗った際に刺しゅう糸が色落ちする可能性があるので色落ちしやすい刺しゅう糸は使わないようにしましょう。

 

(まとめ)抜きキャンバスを使えば既製品にもクロスステッチが出来、手作り感をプラスできます

 
TOP画像のように管理人は子供の幼稚園のスモッグに抜きキャンバスを使って
クロスステッチしたことがあります。
 
ちなみに3年間普通に洗濯機で洗ったりして使い続けましたがそこまで色落ちすることもなくきちんと使えました。
 
ミシン仕立てが苦手…なんて場合は既製品のバッグや巾着などを買ってきて
クロスステッチをすると手作り感が出るので入園・入学グッズ作りの時にも
役立ちますね!!
 
使い方もとても簡単な抜きキャンバス、ぜひ皆様も一度使ってみてください。
 
 

  
  手作り感をプラス! クロスステッチで入園準備 おすすめの方法5選